Blog

2020.03.16
海上釣堀のおすすめコーディネートアイテム

海上釣堀におすすめのコーディネートアイテム

今回、海上釣堀におすすめのコーディネートアイテムや持ち物、準備に関してご紹介いたします!

海上釣堀とは・・・


海上に筏があり、そのイケスで釣りができる施設です。
船で沖に行かなくても大物の魚が手軽で安全に釣っていただけます。

おすすめコーディネートアイテム

海上釣堀の施設までは船に乗って行きます。
波がかかったり、釣りの最中は餌で汚れる可能性もあるので
アウターは防水・撥水性のあるもので、尚且つ汚れてもよい素材がおすすめです。

ベース1
レインウェアシリーズ CHECK
女性らしいシルエットをキープしながらしっかりとした透湿防水機能を持つレインウェアシリーズ。ポケットやフードなど釣りのフィールドに求める機能が満載です。
ベース2
超撥水ボトムシリーズ CHECK
特殊加工により表面を撥水加工処理してあるので、突然の雨や海水の水しぶきをブロックしてくれる釣り人にとって嬉しい仕様です。また透湿性にも優れ、内側への水の侵入を防ぎつつ、体から出る汗や湿度を外に逃がす機能を持っています。



また3月上旬の海上では風もあり寒いので動きやすく、
保温性のあるフリースやインナーを中に重ねて着用がおすすめです。
帽子やネックウォーマーで首元や顔周りを、グローブで指先や手首を防寒するのも大切です。
冬場は足先から冷えがくるので厚めの靴下や中敷き、トゥカバーで足先を冷えから守りましょう。

ベース1
プレミアウォームベースボールTシャツ CHECK
暖かく・軽く・肌触りが良いストレスフリーの機能素材と使ったカットソー。ラグランスリーブで釣りの動きを妨げません。
ベース2
プレミアウォームパンツ CHECK
プレミアウォームベースボールTシャツと同じ生地を使ったパンツ。切り替えデザインで足長見せ効果あり。
ベース1
プレミアウォーム ネックウォーマー CHECK
暖かく・軽く・肌触りが良い、ストレスフリー素材のネックウォーマー。メイクが落ちにくい耳掛けゴム式。
ベース2
2WAYニットキャップ CHECK
浅く被って今年らしく。寒い日には裾を伸ばして耳まですっぽり。スタイリングのポイントにも大活躍!!
ベース1
タイタニュームグローブ CHECK
保温性・防水性に優れたタイタニューム素材で冷たい外気を防ぎます。ソフトな生地なので着け心地も抜群。手の動きもスムーズです。
ベース2
タイタニュームトゥカバー CHECK
ソックスを靴下の中、 または靴下の上から着用つま先を保温。つま先が冷たくなってしまう真冬の釣りにおすすめのアイテムです。



海上釣堀は日差しを遮るものがないので、夏は日焼け止めやサングラス、帽子は必須です。
また、日本では例年3〜5月が最も紫外線が強いので夏だけではなく春〜夏のUVケアとして
UVパーカーやTシャツなど着用をおすすめします。

ベース1
UVカットパーカー・オーシャン CHECK
フードの内側にフェイスカバーが付いているので1枚でも日焼対策はバッチリ!UVカットレイヤーとの組み合せたり、同柄でセットアップとしてもカワイイ!
ベース2
UVカットロングTシャツ CHECK
UV カットに加え吸水速乾機能で汗をかいてもサラサラ。アウトドアでも快適なロングスリーブTシャツ
ベース1
UVカットレギンス CHECK
本体素材にUVカット性(UPF50+)、吸汗速乾性、抗菌防臭性の機能があるATB-UV+を使用。フィッシング、アウトドアシーンに色鮮やかな華やかさをプラス!
ベース2
ロゴサンバイザー CHECK
撥水生地で出来ているので、水を弾いて汚れにも強い!雨の日はレインウェアのフード下に着用しても、つばが濡れる心配がありません。
ベース1
UVカットフェイスカバー CHECK
本体素材にUVカット性(UPF50+)、吸汗速乾性、消臭性の機能があるTRINOCOOL®CFを使用したグラデーション柄のフェイスカバー。
ベース2
UVカットグローブ CHECK
本体素材にUVカット性(UPF50+)、吸汗速乾性、消臭性の機能がある旭化成のTWINCOT®UVを使用したニューモデルのUVカットグローブ。



足元は濡れている場所が多く滑る可能性もあるため
デッキスニーカーや長靴等の滑りにくく、濡れない素材がおすすめです。

ベース1
デッキスニーカー CHECK
水をはじき、滑りにくい、普段使いが出来るデッキスニーカー!見た目はキャンバス地の、クラシックスタイルのスニーカー。
ベース2
Subtle Mr.Rain X1 Boots CHECK
ストリートデザインから生まれた、防水性抜群の快適ウォータープルーフブーツ。通気性に優れ、雨や雪からはもちろん、ほこりや汚れも防ぎます。


事前準備と持ち物

海上釣堀に行くと決まったらまずは事前予約をしましょう!
海上釣堀は釣りができる人数が決まっているのでまずは電話で事前予約をします。
電話の際にレンタルする竿がいくつなのかなど伝えておきます。

次はエサの準備です!
釣り堀で販売していない場合は購入していくと良いでしょう。
予約の際に釣れてるエサの情報を聞いておくといいかもしれません。
釣り堀でもエサが売っているところが多いので、当日購入でも大丈夫です。



持ち物であると便利なもの


・プライヤー→魚を釣った際、安全確実に針を外すには欠かせません。

・フィッシュグリップ→フィッシュグリップで口を固定すると針が外しやすくなります。

・ハサミ→仕掛けの準備や絡んだときに使います
・タオル→手を拭いたり魚を持つときに使います
・クーラーボックス→大きい魚もいるので40リットルあるのが理想です
※釣り竿
※タモ
※仕掛け
※ライフジャケット
※のものはレンタルや当日購入できる場合が多いので持っていかなくてもOK



暖かくなると魚の活性が良くなるので、海上釣堀は春や夏の時期におすすめの釣りです!
しっかり準備して釣りを楽しみましょう!

つりバナで蒼木まやさんが海上釣堀について詳しく書いていますので、こちらも合わせてお読み下さい!
>>>蒼木まやの釣り日和 vol.06_初めての海上釣堀!